2012年9月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:14 Sep 06 2012

山梨、中国人客260人キャンセル 両国関係悪化が影響

 東京都の石原慎太郎・知事が今年4月、東京都による釣魚島(日本名:尖閣諸島)購入計画を発表して以来、同島をめぐり、中日両国でそれぞれ反日、反中感情が現われつつある。この現状は日本の観光業界に響き始めた。ウェブサイト「日本新華僑報網」が伝えた。

 富士山を観光資源とする山梨県で3日、石和温泉(笛吹<ふえふき>市)の大手ホテルが、中国人観光客の宿泊キャンセルに関する業界検討会を開催した。検討会には「石和温泉旅館協同組合」(同)のメンバーが参加した。

 メンバーらは席上、先月24日から5日までのわずか10日間で、中国人観光客260人の宿泊キャンセルがあったと明らかにした。うち7割は大陸部観光客で、のこりは香港からの観光客。スケジュールのキャンセル理由はいずれも、両国間で発生した釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題だった。

 同組合のまとめによると、現在、加盟旅館・ホテルの利用客のうち、2割が中国など海外からの観光客。今回のキャンセルは、現地業界の経営に大きな打撃をもたらした。

 また河口湖畔のリゾートホテル「富ノ湖ホテル」(富士河口湖町)にも、キャンセルが相次いだ。9月の宿泊を予約していた中国人観光客のうち2割がキャンセル、経営者は「今後このような状況がずっと続くのであれば、その影響が心配です」と顔を曇らせている。(編集HT)

 「人民網日本語版」2012年9月6日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古