2012年10月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:13 Oct 24 2012

中国大学生・院生「日本語・提言コンテスト」授賞式が開催 北京

受賞者と来賓による記念撮影(日本僑報社提供)

 中国の大学生、院生「日本語・提言コンテスト」の授賞式および受賞作品集「日中の絆」の発表会(主催:国際交流研究所、後援:朝日新聞社、協力:日本僑報社)が18日午後、湖南ビル(北京市東城区)で催された。朝日新聞中国総局の坂尻信義・局長が、韓福艶さん(安陽師範学院:河南省安陽県)ら受賞者に賞状・賞金を授与し、日本僑報社(東京都豊島区)の段躍中・編集長が主催者を代表して各受賞者に「日中の絆」を贈呈した。式典には、コンテスト最終審査委員を務めた北京日本学研究センター(北京市海淀区)主任の徐一平・教授ら著名各氏が出席した。

 長年にわたり中日交流の第一線で活躍している大森和夫・弘子夫妻は、中日国交正常化40周年を記念し、中国人大学生を対象に「日中の絆---私の提言」をテーマに日本語1千字作文コンクールを特別企画した。中国全土の大学128校から3412作品の応募があり、審査の結果、56人が一等、二等、三等、努力賞を受賞した。

 一等賞に輝いた韓福艶さんは「苦悩の選択」と題した作文で、農村に住む中国の若者の日本語学習、そして中日交流活動への参加の難しさを述べ、農村の若者により多くのチャンスと支援が与えられれば、と希望を寄せた。大森和夫氏は韓さんの提言を高く評価、朝日新聞に掲載し、韓さんの作品を通じ、中国人大学生の提言を日本人読者に伝えた。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古