2012年10月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:48 Oct 24 2012

国交40周年記念・松山バレエ団特別公演、東京で開幕

 中日国交正常化40周年を記念する時代と国境を越えた「松山バレエ団」特別公演が8日、東京で開幕した。中国駐日本国大使館の韓志強・公使、海江田万里・元経産相、日本華僑華人聯合総会の陳学全・副会長、日中友好協会の村岡久平・理事長、日中協会の白西紳一郎・理事長、朝日新聞の初代北京支局長で「中国通」として知られる秋岡家栄(あきおか・いえしげ)氏ら、多くの両国民間友好関係者が鑑賞した。ウェブサイト「日本新華僑報網」が伝えた。

 2階小ホール入口で真っ先に目に飛び込むのは、「松山バレエ団」創設者、清水正夫・樹子夫妻と新中国歴代要人の記念写真の数々。これらの写真は時のトンネルをくぐり抜け、人々に華やかだった当時の「バレエ外交」の復活の大切さを思い起こさせる。「松山バレエ団」訪中公演はすでに13回を超えた。「中国を愛し、友好を促し、芸術で美しき不屈の中国精神を伝える」という松山バレエ団の信念は、清水夫妻の長男・清水哲太郎氏と嫁・森山洋子さんによって今も引き継がれている。

 国交正常化40周年を迎え、清水哲太郎・森山洋子夫妻はふたたび「在りし日の恩に無償で報いたい」との思いから、バレエ団を率い訪中公演を行い、両国友人と共に40年後の再会を約束した。

 64歳となった森山さんは、周恩来・元総理に当時贈られた舞台衣裳をまとい、「白毛女」を演じた。軽やかなステップには、世界的ダンサーの功績のみならず、一人の日本人の中国に対する、心底からの深き厚情が感じられ、場内は満場の拍手がやまなかった。(編集HT)

 「人民網日本語版」2012年10月16日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古