2012年10月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:08 Oct 28 2012

中日国交正常化記念「中国王朝の至宝」展が日本で人気

東京国立博物館の外に建てられた特別展「中国王朝の至宝」の広告

 東京国立博物館で10日、特別展「中国王朝の至宝」が始まった。夏朝から宋朝までの貴重な文物168点を展示しており、その60%が国家一級文物(日本の国宝に相当)だ。中日国交正常化40周年を記念したもので、12月24日まで開催される。

 長い歴史を持つ中華文明は世界文明史の極めて重要な一部であり、人類の進歩に重大な貢献を果たした。特に日本を含むアジア諸国の文化に計り知れぬ影響を与え、多くの日本人が古代中国文化に強い関心を抱いている。日本政府の実施した釣魚島(日本名・尖閣諸島)のいわゆる「国有化」によって現在中日関係は緊張傾向にあるが、それでも多数の日本の民衆が特別展に足を運んでいる。開幕から半月後の26日(金曜日)に会場を取材すると、どの展示品の前にも3-5人の来場者が足を止めており、お年寄りも若者もいた。展示室の外には記念品販売コーナーもあり、多くの人々が記念品を買い求めていた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年10月28日

東京国立博物館の前に立てられた特別展「中国王朝の至宝」の広告
展示室の外に設けられた記念品販売コーナー
印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古