ホーム|経済|社会・生活|政治|文化・科学技術|中日交流|評論|写真|動画|特集
編集者付記
  第22回日本参院選が6月24日、公示され、17日間の選挙戦がスタートした。各政党の党首や候補者は街頭演説を行い、有権者に政策・主張を訴えた。「消費税」は現在日本で最も話題の単語で、なによりも今月行われる参議院選挙の焦点となっている。
最新記事一覧へ

参院選で日本の政局に新たな変数

 日本の第22回参議院選挙は11日に投開票が行われた。昨年の自民党から民主党への政権交代以来、初の全国選挙だ...[全文へ]

日本の連立与党、参院選で敗北

 NHKテレビによると、11日に投開票の行われた日本の第22回参議院選挙の結果が12日未明に発表された。連立与党は敗北し、野党が過半数の議席を占めた...[全文へ]

参院選間近、谷亮子の人気にあやかろうとする菅直人首相

 日本では菅直人内閣の支持率が発足からわずか1カ月で60%から39%に下落した。その原因は、菅首相が税制改革の方針を堅持していることと大きな関係がある...[全文へ]

菅内閣支持率が4割を切る

 日本の2大紙は5日、菅直人内閣の支持率の続落を示す最新の世論調査結果を発表した。朝日新聞が3、4の両日実施した全国世論調査(電話)によると、菅内閣の支持率は前回の48%から39%へと続落、不支持率は29%から40%へと上昇した...[全文へ]

日本外交:対米従属に回帰、アジア政策は後退

 日本の政界で暴風雨のような変化が再び演じられている。6月2日に鳩山由紀夫首相が突然辞任を表明。その2日後、菅直人氏を首相とする第2次民主党内閣が発足したのだ...[全文へ]

再起への布石を打つ小沢氏

 参議院選挙の投開票日まで4日であと1週間。選挙戦は日に日に白熱化している。民主党代表である菅直人首相の頭痛の種は、小沢一郎前幹事長が連日来、公の場で党執行部をしきりに批判し、対立姿勢を見せていることだ...[全文へ]

米国、日本に米軍グアム移転費の負担増を要求

 在沖縄米軍海兵隊のグアム移転について、ゲーツ米国防長官は日本側に追加経費負担を求める書簡を送付していた。米海兵隊のグアム移転は在日米軍再編の重要な一部...[全文へ]

菅首相がサミットで孤立するわけ

 日本メディアの報道によると、主要8カ国(G8)首脳会議がこのほど、カナダで開かれ、菅直人新首相が外交デビューを果たした。しかし首相は各首脳らの輪に入れず、初の外交活動に難色を示しているようだ...[全文へ]

菅直人首相、沖縄の負担軽減を約束

 日本の菅直人首相は23日、沖縄で開かれた「沖縄全戦没者追悼式」に参列した。首相就任後初の沖縄訪問はくしくも、沖縄戦の終結から65周年、1960年改定の日米安保条約の発効から50周年という2つの大きな節目の日と重なった...[全文へ]

日本 9大政党党首が参議院選挙前の記者会見

 日本の9大政党の党首が22日、東京の日本記者クラブで参議院選挙前の記者会見を行った。記者会見には民主党の菅直人党首(左から3番目)、自民党の谷垣禎一党首(左から2番目)...[全文へ]

関連写真




9大政党党首が参議院選挙前の記者会見
9大政党党首が参議院選挙前の記者会見