ホーム|経済|社会・生活|政治|文化・科学技術|中日交流|評論|写真|動画|特集
編集者付記
 韓国国防省は23日午後、韓国西方沖の延坪島が同日、朝鮮軍の砲撃を受け、韓国軍がこれに応戦したと明らかにした。韓国YTNテレビの報道によると、朝鮮軍が同日午後2時30分ごろ、延坪島に数十発の砲弾を発射し、家屋など数十棟が損壊、炎上した。韓国軍も数十発の砲弾を発射してこれに応戦し、砲撃戦となった...
記事一覧一覧へ

朝鮮、実弾射撃訓練の取消を韓国に要求

 朝韓将校級軍事会談朝鮮代表団の団長は17日、韓国側に通知書を送り、18日から21日にかけて、争議ある延坪島海域で行う予定の実弾射撃訓練を直ちに取消すよう韓国側に求めた...[全文へ]

韓国が延坪島海域で実弾射撃訓練を実施

 韓国軍連合参謀本部の李朋雨報道官は16日、韓国海軍が18日から21日の間の1日に延坪島海域で海上実弾射撃訓練を実施すると明らかにした...[全文へ]

朝鮮「6カ国協議を含む対話提案を支持」

 朝鮮外務省報道官は16日に談話を発表し「戦争を防止し、朝鮮半島の非核化を実現したいとの考えから、朝鮮は6カ国協議を含むすべての対話提案を支持するが、対話を請うことは決してしない」と表明した...[全文へ]

朝鮮半島情勢、関係国は対話再開を

 外交部の姜瑜報道官は16日、「朝鮮半島情勢は依然として複雑かつ敏感だ。関係各国が辛抱強さを保ち、向き合って前進し、速やかな緊張緩和を促し...[全文へ]

韓米軍当局、戦略的同盟関係のさらなる強化を確認

 韓国の合同参謀本部の韓民求(ハン・ミング)議長とアメリカ軍の統合参謀本部のマレン議長は、8日、韓国の首都ソウルで会談し、両国の戦略的同盟関係の強化を確認した...[全文へ]

対話が朝鮮半島核問題解決の唯一の道

 外交部の姜瑜報道官は7日の定例記者会見で国内外の記者からの質問に「朝鮮半島の非核化を実現し、対話を通じて平和的な方法で朝鮮半島の核問題を解決し、朝鮮半島と北東アジアの平和安定を維持...[全文へ]

米日韓外相、朝鮮半島情勢について会談

 アメリカ、韓国、日本の3ヶ国の外相は6日、アメリカの首都ワシントンで、朝鮮半島の情勢について会談し、「3ヶ国の協力を強化することが地域の平和と安定の維持にとって極めて重要だ」と強調した...[全文へ]

朝鮮は脅せないが、北東アジアに衝撃を与える米空母派遣

 米韓の合同軍事演習が28日、黄海海域で行われた。米軍は空母「ジョージ・ワシントン」や9600トンクラスの巡洋艦、9750トンクラスの駆逐艦を演習のために派遣している...[全文へ]

日本外務省の斎木アジア大洋州局長が訪中

 外交部の定例会見で11月30日、洪磊報道官が国内外の記者の質問に「斎木局長が本日来中した。中国政府の武大偉・朝鮮半島問題特別代表が斎木局長と会談する...[全文へ]

写真ニュース