ホーム|経済|社会・生活|政治|文化・科学技術|中日交流|評論|写真|動画|特集
編集者付記
 中国のステルス戦闘機・殲20が11日昼12時50分ごろ、初めての試験飛行を行い、13時11分に着地に成功した。初飛行のプロセス全体は殲10S戦闘機の教官機にともなわれて行われ、時間は約18分。成都のインターネット利用者が目撃談として伝えた...
記事一覧一覧へ

日韓など、中国「殲20」に刺激されF-35購入検討

 18日付米「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙の報道によると、中国J-20型戦闘機「殲(せん)20」のテスト飛行成功に刺激を受け、米空軍の総合攻撃戦闘機F-35の購入熱が各国で高まっている。日本、韓国、シンガポールは続々と...[全文へ]

日本、次期主力戦闘機の配備を急ぎ

 日米両国はこのほど、F35戦闘機の性能情報の秘密保全に関する交換公文に署名した。航空自衛隊の次期主力戦闘機としてF35が選定される可能性が一層高まった...[全文へ]

J20だけで国の安全は守れない

 中国のステルス戦闘機「殲20(J20)」のテスト飛行が11日に成功したことが事実なら、第5世代戦闘機の最終調整や空軍の装備に時間がかかるにしても、中国は最先端の戦闘機開発の仲間入りをしたということになる...[全文へ]

「J20」試験飛行、構造や機動性が評価される

 露メディアは戦闘機に詳しい専門家を取材し、中国の次世代戦闘機「J20」は米国の第5世代戦闘機「F-22」やロシアの「T-50」のレベルにはまだ達していないと報じた...[全文へ]

米国メディア 殲20は20世紀末から開発開始

 ゲーツ米国防長官は8日、北京へ向う特別機の中で随行した記者の取材に応じ、中国が航空母艦を破壊可能な対艦弾道ミサイルやレーダーでの探知が難しいステルス戦闘機の開発を急速に進めていることへの懸念を示し...[全文へ]

豪誌:次世代戦闘機「J20」、衛星攻撃武器を発射可能

 豪国防専門家のキャロル・クーパー氏は9日、中国の次世代戦闘機「J20」の性能やその戦略的影響について豪誌「Air Force」で詳しく紹介した。J20の設計は様々な電子装備や武器使用関連の部品を取り付け...[全文へ]

梁国防部長:中国の軍事力整備はいかなる国も決して標的にせず

 梁部長は「中米関係は世界で最も重要な2国間関係の1つだ。21世紀に入り、両国は互いに依存し、利益の融合が絶え間なく進行している。21世紀における積極的・協力的・包括的な中米関係の共同建設は、中米両国...[全文へ]

関連写真