ホーム|経済|社会・生活|政治|文化・科学技術|中日交流|評論|写真|動画|特集
編集者付記
 アメリカのオバマ大統領は1日、国際テロ組織アルカイダの最高指導者ウサマ・ビンラディン容疑者が当日の米軍の軍事作戦で死亡したと発表した。オバマ大統領は1日深夜ホワイトハウスでテレビ談話を発表し「当日、米軍兵士はパキスタンの首都イスラマバード付近の建物を標的にした作戦を実行した...
記事一覧一覧へ

アルカイダ暫定指導者、テロ活動を一層重視か

 パキスタン紙は19日、アルカイダの暫定指導者に選ばれたエジプト人、セイフ・アデルについてパキスタン北部にいる可能性が高いと報じた。これはアルカイダがアフガニスタンやパキスタンを中心に、米国への反撃を継続する可能性が高いことを意味する...[全文へ]

ビンラディン暗殺の秘密兵器が暴かれる

 米メディアは8日、今月の米軍によるビンラディン暗殺で「秘密兵器」のステルスヘリコプターが重要な役割を果たしたと報じた。このヘリはこれまで暴かれたことがなく...[全文へ]

国連、ビンラディン射殺の真相公表を米側に促す

 ピレイ国連人権高等弁務官は5日、アルカイダ最高頭目ビンラディンの射殺について、その「合法性」を判断するため「正確な事実」を公表するよう米側に呼びかけた...[全文へ]

NATO、パキスタンとの対テロ協力強化を強調

 北大西洋条約機構(NATO)のラスムセン事務総長は4日、ブリュッセルのNATO本部で会見し「NATOはパキスタンとの協力を強化する必要がある。ビンラディンが同国内で射殺されたことは双方関係に影響しない」と表明した...[全文へ]

テロ活動は中国の安全と地域の平和への深刻な脅威

 外交部の姜瑜報道官は5日の定例会見で、「テロ活動は中国の国家としての安全および地域の平和・安定を深刻に脅かしている」と述べた...[全文へ]

ビンラディンの娘 ビンラディンは生きて捉えられた後射殺される

 パキスタンの安全部門の高官は、アルカイダの指導者、ビンラディン容疑者の娘が、父親は米軍の突撃チームに生きたまま捉えられた後で銃殺されたと述べていることを明らかにした...[全文へ]

動画報道