ホーム|経済|社会・生活|政治|文化・科学技術|中日交流|評論|写真|動画|特集
楊外相、米側に台湾への武器売却の過ちを正すよう促す
 第66回国連総会一般討論演説に出席するためニューヨークに滞在している中国の楊潔チ外交部長は22日、米側に対し台湾への武器売却という過ったやり方を正し...
編集者付記
 米政府は21日、中国側の再三の厳正な申し入れも顧みず、台湾への先進武器の売却を発表した。すなわち台湾の保有するF16A/B戦闘機の「改装」、軍用機部品の売却、訓練の提供などで、総額58億5200万ドルに達する。中国政府と中国人民はこれに強い憤りを表明...
最新記事一覧へ

武器売却が再び台湾島内メディアの焦点に

 米側は21日、台湾への総額58億5200万ドルの武器売却計画を発表した。F16A/Bの性能向上、F16パイロットの訓練、各軍用機の部品売却などが含まれる。武器売却問題が再び台湾島内メディアの焦点と...[全文へ]

国防部:台湾への武器売却は中米両軍関係を損なう

 国防省の耿雁生報道官は22日、米政府が台湾への武器売却計画を発表したことについて「著しく中国の内政に干渉し、中国の主権と安全保障上の利益を損なう米側のこうした行為に...[全文へ]

米国による台湾への武器売却に国際社会は憂慮の念を表明

 米政府が台湾への総額58億5200万ドルの武器売却計画を発表したことに、国際社会は一様に憂慮の念を表明している。「台湾カード...[全文へ]

国務院台湾事務弁公室、米国の台湾への武器売却について談話を発表

 国務院台湾事務弁公室の報道官は22日、米政府による台湾への武器売却の発表について、「米側のやり方は3つの中米共同声明の原則に著しく反し、台湾海峡の平和と安定を脅かし...[全文へ]

人民日報:中国の核心的利益を損なうことは許さない

 米政府は21日、台湾への総額58億5200万ドルの武器売却計画を発表した。オバマ政権になって2度目の武器売却だ。米側の行いは中米...[全文へ]

評論
写真報道
楊潔チ外相、米側に台湾への武器売却の過ちを正すよう促す
楊潔チ外相、米側に台湾への武器売却の過ちを正すよう促す