ホーム|経済|社会・生活|政治|文化・科学技術|中日交流|評論|写真|動画|特集
日米同盟と中日関係
 日本政府は2日、2011年版防衛白書を発表した。日米同盟を強調するだけでなく、「中国脅威論」を誇張する内容だ。実は日本の一連の...
編集者付記
 日本の北沢俊美防衛相は2日の閣議で2011年版防衛白書を報告し、了承された。去年同様、「中国の脅威」を大げさに書き立てる内容だ。新防衛白書は中国についていわゆる4大「不安」をでっち上げようとしている。その目的はただ1つ。中国の軍事力とその動向を大きな「脅威」、または実際以上の「脅威」と誇張することだ...
最新記事一覧へ

日米同盟と中日関係

 日本政府は2日、2011年版防衛白書を発表した。日米同盟を強調するだけでなく、「中国脅威論」を誇張する内容だ。実は日本の一連の...[全文へ]

日本の防衛白書が度々中国を標的にするのはなぜか

 2009年の民主党政権発足後、日本は防衛白書で中国を直接名指しし、中国の軍事力について四の五の言い始めた。しかも今年の防衛白書...[全文へ]

新防衛白書、日本はどんなシグナルを発しているのか?

 日本が防衛白書を発表するのは毎年のことで、本来驚くほどのことではない。だが今年はことのほか関心を呼んでいるようだ。2011年版...[全文へ]

「軍事的敵意」の増長、日本の多大な損失に

 香港紙・大公報は3日、「“脅威”を反省すべきは日本のはずだ」と題する論評を発表し、日本の「防衛白書」は依然として「中国軍事脅威論」という古い論調を繰り返しているとした...[全文へ]

波瀾続きの日韓領土紛争、影響は広範囲に

 日本政府が2日に発表した2011年版防衛白書で竹島(韓国名:独島)の主権を主張したことで、日韓間に新たな外交摩擦が起き、両国関係...[全文へ]

動画・写真報道