ホーム|経済|社会・生活|政治|文化・科学技術|中日交流|評論|写真|動画|特集
胡錦濤主席がG20会議への出席を順調に終えて帰国
 胡錦濤国家主席は5日、国賓としてのオーストリア公式訪問と20カ国・地域(G20)首脳会議への出席を順調に終え、特別機で北京に到着した。劉永清夫人、王岐山副首相、令計劃中共中央書記処書記(中央弁公庁主任)、王滬寧中共中央書記処書記(中央政策
編集者付記
 胡錦濤国家主席はオーストリアのフィッシャー大統領、20カ国・地域(G20)議長国フランスのサルコジ大統領の招待を受け、10月30日から11月4日にかけて、国賓としてオーストリアを訪問するほか、フランス・カンヌで開催されるG20の第6回首脳会議に出席する。
写真報道
胡錦濤主席とメドベージェフ大統領が会談
胡錦濤主席とメドベージェフ大統領が会談
胡錦濤主席とオバマ大統領が会談
胡錦濤主席とオバマ大統領が会談
胡錦濤主席とサルコジ大統領が会談
胡錦濤主席とサルコジ大統領が会談
最新記事一覧へ

胡錦濤主席がG20首脳会議で重要演説

胡錦濤国家主席は3日、フランス・カンヌで開かれた20カ国・地域(G20)の第6回首脳会議で重要な演説を行った。胡主席は「G20は引き続き、共に困難を乗り越える協力共栄の精神を発揚し、世界の経済成長と金融安定に努力すべきだ。中国は国内経済の力強い成長の維持に努め、関係国の経済・社会発展の促進と国際経済・金融情勢の安定に貢献してきた」と指摘した。
[全文へ]

ユーロ圏は危機に向き合い自己省察すべき

家屋一棟が火事になり、入居者が次々に逃げ出している。入居者自身が心を一つにし、力を合わせ、果断に消火にあたらなければ、隣近所の応援を得て共に乗り切ることはできない。現在ユーロ圏は強い危機感と省察意識、危機解決への共通の政治的意志と行動計画を持ち、それを実行できることを証明する必要がある。[全文へ]

胡錦濤主席がG20首脳会議出席のためカンヌ入り

胡錦濤国家主席は2日、フランス・カンヌ入りした。3、4両日に開催される20カ国・地域(G20)の第6回首脳会議に出席する。[全文へ]

G20首脳会議の3大議題

フランス・カンヌで3、4の両日開催される20カ国・地域(G20)首脳会議(カンヌ・サミット)が世界経済の回復と成長、国際金融市場の安定維持に重要な影響を及ぼすことは間違いない。[全文へ]

胡錦濤主席、中国・オーストリア関係の発展に4つの提言

胡錦濤国家主席は10月31日にオーストリアのフィッシャー大統領とウィーンで会談した。両首脳は両国関係その他共通関心事について踏み込んで意見交換し、重要な共通認識にいたった。[全文へ]

例年のG20サミット特集