2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:48 Jun 15 2012

温家宝総理、政府活動報告について各界から意見を聴取

 温家宝総理は6-10日、政府活動報告草案について社会各界の意見を聞くため、中南海で座談会を5回開催した。温総理は「政府の活動には人民大衆の切実な利益と要求が反映されなければならない。報告について意見を募る過程では、民主を発揚し、人民大衆の意見に耳を傾けなければならない。うまく書くことが目的ではない。人民の期待と要求に沿った方向で進め、人民を満足させることこそが根本的な目的だ」と指摘した。

 各界の人々は政府活動報告の修正や政府活動の一層の改善について思う存分に発言。温総理は発言を真剣に書きとめ、1つ1つ返事をし、状況について説明したり、質問に答えたりした。活発な雰囲気の中、双方向的な座談会となった。

 温総理は政府の活動への民主党派、全国工商業連合会、無党派、専門家、学者、企業家、および労働者や農民など社会各界の人々の関心と支持に感謝。「みなさんの提出した意見や提言は、政府活動報告草案の修正と政府活動の改善にとって大きな助けとなる。国務院はこれを真剣に研究し、取り入れる。今年は第12次五カ年計画を引き続き推進する重要な1年であると同時に、現指導層にとっては任期最終年でもある。各取り組みは必ず首尾を全うし、できる事は決して先延ばしせず、解決できる問題は決して回避してはならない。そのためには落ち着いて、状況について踏み込んで理解し、地に足をつけてしっかりと取り組むことが必要だ。国務院と関係当局のいずれもが試されている」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年2月13日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古