2013年10月18日    ホームページに設定人民網モバイルニュース配信メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:50 Oct 18 2013

安倍首相、現実主義外交に方針転換する可能性 (2)

 第1に、安倍氏と日本のメインストリームは日本の力を過大評価し、経済援助カードを出せば中国周辺国を抱き込んで中国に圧力を加え、譲歩を余儀なくさせることができると考えていた。だが各国は経済援助は歓迎したものの、中国牽制には別に興味を示さなかった。その上、中国は日本のつまらない策略を無視し、後から打って出て日本を制し、王道方式で日本外交の余地を狭めて、日本を手の打ちようのない状況に追い込んだ。第2に、中韓が連携して日本に圧力を加えた。日韓間には様々な問題があるが、韓国は朝鮮の脅威に直面しており、米日、米韓軍事同盟の枠組みから逸脱することは決してないと日本はずっと考えていた。だが今や、中韓両国は戦争認識問題で「統一戦線」を結成して、日本に大きな圧力を感じさせている。第3に、米国は日本よりも中国を重視している。6月の8時間におよぶ習・オバマ会談によって、米国が中国をより重視していることが明らかに示された。先日のAPEC首脳会議とASEAN首脳会議にオバマ大統領が出席しなかったのは、中国指導者との対立を回避するためだった可能性があり、日本知識界は日米安保条約への懸念を深めた。

 それでもわれわれは、安倍氏とそのブレーンの中国との対立の意図をしっかりと推し量る必要がある。安倍氏のブレーンの1人、北岡伸一氏は最近読売新聞で、現在の日本にはかつて軍国主義を歩ませた条件が当てはまらないが、中国には当てはまると指摘した。昨年9月以降中国の講じた反撃措置および極めて大規模な軍事演習は日本に重大な衝撃を与え、中国が平和的発展路線を継続しない可能性を懸念する声が日本人の間で一般的になった。北岡氏の論調は欺瞞的であり、中国はこれを等閑視してはならず、理論闘争を強化しなければならない。

 筆者は一貫して、日本に安定政権さえ登場すれば、日本外交を戦略的に検討する余地が生じると考えてきた。安倍政権は長期政権になる可能性が高く、戦略的に中日関係を調整する好機にあると言える。われわれは彼の右派としての本質に目を向けると同時に、客観的情勢に迫られて現実主義に転換する可能性にも注意を払う必要がある。(編集NA)

 「人民網日本語版」2013年10月18日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古