2008年12月8日    中国語版日本版
更新時間:17:12 Dec 08 2008

サルコジとダライが会合--政治的信用を損なう茶番

 フランスのサルコジ大統領は6日、ポーランドのワルシャワでダライに会った。フランスのエリゼ宮(大統領官邸)はこれについて、「特殊な会見ではない」との声明を発表した。

 サルコジ氏はフランスの大統領だ。フランスは欧州連合(EU)の議長国だ。中国EU首脳会議もフランスで行われる予定だった。このような特別な時期に、特別な場所で、特別な身分を持った人物が、中国とフランスの関係も中国と欧州の関係も顧みることなく、ダライとの会見を公然と宣言した。これを「特殊な会見ではない」とか「個人の行為だ」などというエリゼ宮の弁解を信じるのはよほどのバカだけだろう!

 サルコジ先生ほどの西側の政治人物が西蔵(チベット)問題の敏感さを知らないはずはない。また、中国がなぜ、ダライがいかなる身分で他国に赴き中国を分裂させる活動に従事することにも断固反対し、外国の指導者がダライといかなる形の接触を持つことにも断固反対しているのか、わからないはずはないだろう。サルコジ先生は中国側の再三の説得にも耳を貸さず、自分の主張に固執し、中国のこのレッドラインを無理やり踏んだ。このような悪意ある挑戦行為は中国の国家としての統一という核心利益にかかわり、その代価は非常に大きい。

 ワルシャワでの会合は、サルコジ先生の北京五輪前のパフォーマンスを我々に思い起こさせる。五輪開幕式への出席と西蔵問題をこじつけ、中国政府を脅そうとしたあの茶番だ。断固とした拒絶と世界の世論の批判に逢ったサルコジ先生はすぐに立場をかえ、五輪開幕式に出席したばかりか、北京でその後に開催されたアジア欧州サミットにも参加した。サルコジ先生はあのやり方をもう一度繰り返し、自分の言ったことを打ち消すあの騒ぎをまた始めるつもりなのだろうか?

 フランスの政局から考えれば、サルコジ氏もいろいろと大変だ。経済は不景気だし、失業者は増加するし、支持率も低下している。人権問題や西蔵関連問題で事を起こせば、民衆の視線を移すことができるとでも考えたのだろう。だが自分を賢いと思い込んでいるサルコジも今回ばかりはそろばんを打ち間違えた。中国の核心利益を損なうことで国内の支持を得ようとしても、その結果はフランス人民とEUの全体の利益を損なうことにほかならない。大国の首脳たるもの、発言をころころ変えていたのでは、その政治的素質に対する国際社会の疑いを招くばかりでなく、その代表する国のイメージも大きく損なってしまうだろう。(人民日報海外版コラム「望海楼」より)(編集MA)

 「人民網日本語版」2008年12月8日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>北京の売れ残り女性50万人超
北京のグルメ情報
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察
【中国通】中国の世界遺産ーー峨眉山と楽山の大仏
【改革開放30周年】中国の改革開放における経済成長

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古