2008年12月11日    中国語版日本版
更新時間:10:10 Dec 11 2008

6カ国協議:検証文書草案に各国代表団が反応

 朝鮮半島の核問題をめぐる6カ国協議の米首席代表・ヒル国務次官補は9日夜、中国が提示した朝鮮の核計画申告の検証枠組みに関する文書草案に対し、すでに各国代表団が反応を示していることを明らかにした。

 首席代表会合は9日午前9時50分に始まり、中国側はその後、ロシア、朝鮮、米国、韓国、日本との2国間協議に相次いで臨んだ。このうち中朝は、夕方に同日2回目となる接触を行った。

 ヒル次官補によると、草案をめぐる協議は現在も継続中。すでに各国が反応を示しており、10日も協議が継続される。朝鮮側が示した意見については「朝鮮側の反応がどのようなものかはまだはっきり知らないが、各国の観点を十分に反映した草案になるよう努力することになる」と述べた。また、朝鮮の核施設への科学的検証の具体的方法も盛り込まれることを明らかにした。

 9日の首席代表会合では、朝鮮の核計画申告の検証草案と第2段階措置の全面的な実施について踏み込んだ意見交換が行われた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2008年12月10日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>北京の売れ残り女性50万人超
北京のグルメ情報
【特集】第12回中日経済シンポジウム
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察
【中国通】中国の世界遺産ーー峨眉山と楽山の大仏
【改革開放30周年】中国の改革開放における経済成長

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古