2008年12月10日    中国語版日本版
更新時間:13:30 Dec 10 2008

釣魚島への巡視船派遣「次の派遣時期は中国が決める」 外交部

 外交部の劉建超報道官は9日、定例記者会見で記者の質問に答えた。

 ----中国の海洋監視船が釣魚島海域で活動を行った問題について。この地域は非常に敏感な区域だ。中国側はなぜこのような敏感な区域でこのような挑発的な活動を行ったのか。このような行為は中日関係に影響しないのか。「通常の活動だ」ということは、中国側は今後も同様の船舶を釣魚島海域での活動に派遣する予定があるということか。

 中国側がこの区域で挑発的な活動を行ったという非難を受け入れることはできない。中国の管轄する海域内で通常の巡航活動を行うことに挑発的な意味があるとは、中国側は考えていない。中国側が海洋監視船をいつ再び巡航に派遣するかは、中国側によって決定されることだ。(編集MA)

 「人民網日本語版」2008年12月10日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>北京の売れ残り女性50万人超
北京のグルメ情報
【特集】第12回中日経済シンポジウム
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察
【中国通】中国の世界遺産ーー峨眉山と楽山の大仏
【改革開放30周年】中国の改革開放における経済成長

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古