2008年12月14日    中国語版日本版
更新時間:11:00 Dec 14 2008

温家宝総理、麻生太郎首相と会談

 国務院の温家宝総理は13日、日本の麻生太郎首相と福岡で会談した。

 温家宝総理は会談の中で、「中日関係は今年、不断の改善と発展を見せた。中国側は、中日戦略的互恵関係の正しい軌道に沿った健全な発展を促し、両国と地域の人民に利益をもたらすため、日本側と共同で努力することを希望する。両国は中日ハイレベル経済対話などのメカニズムを通じて、マクロ政策での協調を強化し、適切な措置を取り、双方管の貿易と投資の安定した成長を保ち、国際金融危機の影響を共同で克服していかなければならない。さらに東アジアの地域協力と国際金融改革を積極的に推進し、アジアと世界の経済の安定した発展に貢献していくことが必要だ」と述べた。

 麻生首相は、「日本側は日中関係の良好な発展に満足している。日本側は、日中友好という大きな方向を堅持し、中国側との頻繁なハイレベル交流を保持し、政治的な相互信頼を深め、相違を適切に解決し、経済や貿易などの分野での対話と協力を強化し、日中友好21世紀委員会の役割を十分に発揮させ、両国の若者の交流を促し、日中の戦略的互恵関係を不断に進めていくことを希望する」との内容の発言を行い、「日中が力を合わせて国際金融危機に対処することは、地域の金融安定と経済発展は重要な意義を持つ」との見方を示した。

 温家宝総理は釣魚島問題について、「中国側の立場は一貫しており、明確で揺るぎないものだ。釣魚島および周辺の島々は古くから中国固有の領土である。双方は、関連問題を冷静かつ適切に処理し、両国関係への影響を防がなければならない」と述べた。(編集MA)

 「人民網日本語版」2008年12月14日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>シングルの7割「この冬、心温まる恋がしたい」
北京のグルメ情報
【特集】第12回中日経済シンポジウム
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察
【中国通】中国の世界遺産ーー峨眉山と楽山の大仏
【改革開放30周年】中国の改革開放における経済成長

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古