2008年12月22日    中国語版日本版
更新時間:11:25 Dec 22 2008

国務院、全人代に金融危機対策を報告

 第11期全国人民代表大会(全人代)常務委員会の第6回会議が22日から6日間の日程で開催される。経済情勢に生じた変化を受け、金融危機対策の情況について国務院が報告を行う。全人代常務委員会が年初に定めた監督計画には含まれていなかったものだ。「新京報」が伝えた。

 委員長会議での提案に基づき、今回の会議では地震・災害防止法改正案、専利(特許・実用新案・意匠)法改正案、刑法改正案(7)、社会保険法案、保険法改正案、侵権責任法案の継続審議、農村土地請負経営紛争仲裁法案、統計法改正案の初審議が行われる。

 このほか国務院が、第11次5カ年計画(2006?10年)の実施状況に関する中期評価報告、世界的な金融危機への対応措置を積極的に講じ中国の国民経済の安定した比較的速い成長を確保することに関する報告、物価安定に関する報告、水質汚染対策事業の進捗状況に関する報告を行う。(編集NA)

 「人民網日本語版」2008年12月22日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古