2008年12月30日    中国語版日本版
更新時間:09:42 Dec 30 2008

中国、南アジアの緊迫した情勢に憂慮を表明

 中国政府特使としてパキスタン訪問中の何亜非・外交副部長は28日、同国のバシール外務次官と会談し、南アジア情勢について意見を交換した。

 何副部長は、南アジア情勢が最近再び緊迫していることへの、中国側の深い懸念と憂慮を表明。「パキスタンとインドは中国にとって重要な隣国だ。双方が南アジア地域の平和・安定の大局に立ち、早急に緊張を緩和し、協議と協力による問題の適切な処理を堅持することを望む。これは両国および両国民の共通利益に合致するのみならず、国際社会共通の期待でもある」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2008年12月30日

 

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古