2009年1月20日    中国語版日本版
更新時間:14:10 Jan 20 2009

ブッシュ大統領「歴史は短期間では評価できない」

 ブッシュ米大統領が20日、任期を終える。ブッシュ大統領自身は大統領としての8年間を「見事な、力強い実績をあげた」と評価したが、世論調査での支持率は30%に満たない。客観的に言うと、ブッシュ政権時代の内政や外交に成果がなかったわけでは決してない。

 内政面では、ブッシュ大統領は思いきった減税を行った。この政策が03?07年の米国経済の安定成長を促し、52カ月連続の雇用増という記録をもたらしたと考える支持者がいる一方、高所得層を対象とした減税により米国社会の両極分化が深まったし、いわゆる経済成長も不動産バブルと金融投機に支えられていたに過ぎないと批判する人もいる。このほか、「1人の落ちこぼれも出さない」ブッシュ大統領の教育法案は教育の質の向上に貢献したし、処方薬を医療保険でカバーする法案も、米国の4000万人以上の高齢者と障害者に恩恵をもたらした。

 外交面では、ブッシュ大統領はパレスチナ国家の建国を支援し、パレスチナとイスラエルという2つの国を平和共存させる構想を最初に打ち出した米国の大統領だ。これは素晴らしい構想だったが、ブッシュ大統領がイスラエルの一方的な行動に譲歩・肩入れしたため、米国が真に中立で公正な調停者となることはできなかった。このほか、ブッシュ政権は保護貿易主義に反対する姿勢を明らかにし、多くの国々と自由貿易協定を締結した。アフリカのエイズ対策への支援を倍増し、数百万人のアフリカ人を救った。特に指摘に値するのは、第2期に中国との関係を大幅に改善したことだ。これはアジア太平洋地域や世界の平和・安定・反映にプラスであり、世界が抱えるグローバルな試練に共同で対処するうえでもプラスだ。

 政権交代を間に金融危機に出くわしたことで、ブッシュ大統領に対するマイナスの評価も自ずから増えるだろう。

 内政面では、ブッシュ大統領が就任した2001年には、国庫に4000億ドル余りの余剰があった。だがブッシュ大統領が現在オバマ次期大統領に残そうとしているのは1兆ドルを超える赤字であり、加えて混乱した金融システムと前途暗澹たる米国経済であることは言うまでもない。これについてブッシュ大統領は、金融危機の根源は自身の就任前に伏線が敷かれていたのであり、自身が現在講じている果断な市場救済策は後々功を奏すとしている。だがブッシュ大統領は政府による監督に一貫して反対してきたのであり、現在の危機の拡大に対する咎を免れ難いのは明らかだ。

 対外政策面では、イラク戦争はまだ片付かず、タリバンは勢力を吹き返し、イランの核問題は解決の糸口もなく、朝鮮半島の核問題は繰り返しに直面している。NATOの東方拡大を推進し、ミサイル防衛システムの配備を堅持してきたことで、米ロ関係も冷え込んでいる。ブッシュ大統領の最大の失敗はイラク戦争の発動と考える世論に対し、大統領自身は、中東において米国の不倶戴天の敵を排除し、民主的な政権、対テロにおける米国の同盟国を構築したのであり、長期的に見れば米国の国益に合致すると考えている。

 大統領選中、オバマ候補とマケイン候補は共に、ブッシュ大統領の外交政策が米国の国際的地位と道義上のイメージを深刻に損なったという見方を表明した。「悪の枢軸」「先制攻撃」「政権交替」「色の革命」「民主化」「フリーダム・アジェンダ」、グアンタナモ、秘密収容所、盗聴といった、ブッシュ政権時に現れた新たな言葉が世界各地に与えたのも、多くは不安と動揺だった。

 米国世論はブッシュ大統領の良い業績は極めて少ないと考えているが、ブッシュ大統領自身は「歴史は常に短期間では評価できないものだ」としている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年1月20日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古