2009年1月21日    中国語版日本版
更新時間:16:31 Jan 21 2009

オバマ大統領の直面する数々の試練


 米国の第44代大統領にオバマ氏が20日、正式に就任した。花束や拍手で盛大に祝われた新大統領だが、今後は内外の厳しい試練に直面していくことになりそうだ。

 オバマ大統領への支持が一気に高まったきっかけの一つは、米国全土を席巻している金融危機対応への期待だ。金融危機は米国経済を衰退させ、08年12月だけで50万人の失業者が出た。オバマ大統領は就任直後から、経済の衰退をいかに食い止めるかという大きな試練に直面する。オバマ氏は民主党議員との話し合いを通じ、8250億ドルの景気対策案を打ち出した。この案によると、橋梁・道路の建設やエネルギー効率の向上、インフラの改善などに数千億ドルが投資され、雇用の創出と経済発展の基礎固めがはかられる。オバマ氏は400万人の雇用創出を公約している。さらに個人と企業の減税のために2750億ドルを支出し、人々の購買欲を高めていく計画だ。だがブッシュ前大統領の市場救済政策はあまり効果が上がっておらず、オバマ大統領の巨額の政策が功を奏すかは今後も注意深く見守っていく必要がある。オバマ大統領自身も、経済がいつ頃から回復に向かうかとの質問に対し、「(未来を予測する)水晶球を持っているわけではない」として明言を避けた。

 国外の問題はまず、2つの「テロとの戦い」でいかに勝利を収めるかだ。「16カ月以内にイラクから軍隊を撤退させる」というオバマ大統領の公約を実現するのはそれほど難しくはない。イラク情勢は確かに好転しており、米軍撤退に有利な条件が整いつつある。オバマ大統領の主要課題はイラクではなく、アフガニスタンでの勝利だ。オバマ氏はこれまで、アフガニスタンを「テロとの戦いの中心」とする主張を行ってきた。だがここ1年で、タリバンは勢力を取り戻してきている。さらに、米国とNATOの空爆が大量の民間人の死傷を生んだことで、アフガニスタンの人々の米国と本国政府に対する敵意も高まっている。米国は現在、アフガニスタンへの3万人の増派を検討し、欧州へも増派要請を行っている。だが民意の受け入れと軍事能力に制限のある欧州側はこれに対する同調をしぶっており、欧州の同盟国の同意をいかに取り付けるかは、オバマ大統領の外交能力が問われるところだ。「地方を支援し、発展を強調し、村や町の防衛能力を高める」というオバマ大統領の新たな対アフガニスタン戦略が功を奏するかにも注目が集まる。

 さらにイランの核問題は、オバマ大統領の外交新思考を試す難題の一つとなる。「新たな方式を取る」というオバマ大統領は、「相互尊重と話し合いの開催に向けた意欲」を強調し、イランの指導者との前提条件なしの話し合いを求めている。イランのアフマディネジャド大統領もこれに対してある程度の期待をかけているとみられ、様子見の態度を取っている。このことは、両国関係の緩和に向けた条件を作り出している。もっとも、オバマ大統領は「イランの核開発は認められない」という最低条件を譲っておらず、両国関係の改善には依然として数々の困難が待ち受けている。

 オバマ大統領にとって最も差し迫った課題は、ガザの戦争状態をいかに終結させ、長期の停戦をいかに実現するかということだ。オバマ氏は、パレスチナとイスラエルの民間人が直面する惨状への憂慮を示しており、就任第1日目から外交的調停に乗り出し、行き詰まりを打開していくことを明言している。歴代の米大統領の努力はこれまでいずれも効果を上げられずに終わってきた。原因はさまざまだが、米国がイスラエルの肩を持ち続け、本当に中立で公正な調停者になりきれなかったのは主要原因の一つ。オバマ大統領も、「イスラエルの自衛の権利を支持する」ことを明らかにしている。イスラエルロビーには巨大な影響力があるため、事実上、いかなる米大統領も親イスラエルの立場を変えることはできない。ただオバマ大統領は歴代大統領と異なり、「対岸の火事」という立場は取らず、イスラエルの行為にもある程度の制限を加えることが予想される。イスラエルがオバマ就任以前の戦事決着を急いだのはそのためだ。だが居住地や占領地域、難民の行く先などについて、米国がイスラエルに妥協を促さないかぎり、パレスチナとイスラエルの和平交渉は依然として出口が見えない。中東外交はオバマ大統領にとって、いばらの茂った困難な道となることだろう。

 これらの複雑な状況にもかかわらず、オバマ大統領が弾力的で実務的な態度を示し、話し合いを求める政策的立場を取っていることは、世界にとって有益なことだ。これに対しては、ロシアからベネズエラまで、世界の各国が期待を持っている。(人民日報海外版コラム「臨海楼」より)(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年1月21日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古