2009年3月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:11:20 Mar 05 2009

第11期全人代第2回会議、5日開幕へ 6つの議事日程

 第11期全国人民代表大会第2回会議の最初の記者会見が4日、北京市の人民大会堂で開催された。全人代の李肇星・報道官は記者会見で、「全人代は準備会議を開き、会議日程を採択し、171人からなる大会主席団を選出した。王兆国氏が大会の秘書長に選出された」と語った。「中国新聞網」が伝えた。

 李報道官は、今回の会議の日程を紹介した。会議は5日午前に開幕し、13日午後に閉幕する。会期は8日半となる。

 李報道官によると、全人代はこのほど準備会議を開き、会議日程を採択し、171人からなる大会主席団を選出した。大会の秘書長には王兆国氏が選出された。準備会議後には、主席団第1回会議が開催され、14人の主席団常務主席が選出された。会議日程と執行主席、グループ名簿が採択され、李建国と王万賓、李肇星、趙勝軒、尤権の各氏が大会副秘書長に決定された。

 今回の会議では、(1)政府の活動報告の聴取と審議、(2)計画報告の審議と認可、(3)予算報告の審議と認可、(4)全人代常務委員会の活動報告の聴取と審議、(5)最高人民法院の活動報告の聴取と審議、(6)最高人民検察院の活動報告の聴取と審査、の6つの議事日程が組まれている。今回の会議は、中国の各民族と人民を団結させ、自信を打ち固め、進取の精神を高め、経済社会の良質で急速な発展を進め、小康社会(ゆとりのある社会)の全面的な実現に向けた努力を促すのに、とても重要な意義を持っている。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年3月4日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第16号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古