2009年3月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:17:03 Mar 04 2009

政協会議の活動報告が「口語化」 堅苦しさ一新

 中国共産党の胡錦濤総書記は昨年、口語を駆使したスピーチで人々の親しみを呼んだ。3日に開幕した全国政協会議第11期全国委員会第2回会議で賈慶林主席が行った常務委員会活動報告も、以前の厳粛すぎるスタイルを一新し、口語的な表現が各所に散りばめられたものとなった。「中国新聞網」が伝えた。

 賈主席は今回、40分間にわたる8千字余りの活動報告を行った。報告では、政治協商事業の発展を促すための5つの必要が打ち出された。賈主席は2つ目の必要について語る際、「党と国家の運営の大局を念頭として、人民政協の活動を計画し、展開させていかなければならない。党と政府の目標に自覚的に沿い、息の合う活動を心がけ、行動を一致していく必要がある。カギとなる決定的な時に、支えとなり、手伝いとなり、役に立つことができるようにし、科学的発展の促進や国民生活の保障・改善、社会の安定維持に積極的な貢献をしていかなければならない」と述べた。

 「支えとなり、手伝いとなり、役に立つ(頂得上去、幇得上忙、管得上用)」は、新たな時期の政協会議の職能に対する賈主席の定義だ。中共党委や政府との政協会議の関係を説明し、政協会議のあり方を示す表現となった。

 周知の通り、中国の政治会議の表現はこれまで非常に厳粛なものだった。政協会議もその理論があまりにも固く、手続きが過度に重視されていたため、活動報告にも難解な言葉が並び、表現に柔らかさが欠けていた。

 胡錦濤総書記は昨年12月18日、中国共産党第11期中央委員会第3回全体会議の30周年を記念する大会でスピーチし、今後の改革にあたっては「動揺せず、怠けず、無茶せず」ということが必要だと述べた。「無茶せず(不折騰)」は当時の流行語となり、今も人気の高い台詞となっている。口語ブームは中国の政治界に広がり、これまでのような堅苦しさを和らげ、人々と政治との距離も縮まった。

 今年の政府活動報告は、ハイレベルの官僚らも口語的なものを希望しており、「わかりやすく、頭に入り、役に立つ」報告がなされる予定だという。アナリストによると、人々がわかるようなスピーチをすることは、意味は深いがわかりにくい政治的な言葉を使うよりも、人々の心をひき、人々の知恵を集めることにつながり、「人民を基本とする」というスローガンを体現したものとなる。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年3月4日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第16号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古