2009年3月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:09:23 Mar 17 2009

日本の護衛艦、ソマリア沖へ向けて出航

 日本海上自衛隊の護衛艦2隻が14日、日本南部の港から出航し、ソマリア周辺海域に向かい、海賊対策に当たることになった。4月始めに到着し、約4カ月間にてこの海域を通過する日本関係の船舶を護衛する。

 日本政府は13日、「海上警備行動」の名目で、ソマリア周辺海域に自衛隊艦艇を派遣することを決めた。

 日本政府が決めた「海賊対策法案」では、自衛隊の派遣条件やその保護対象及び武器使用の制限はいずれも緩和された。

 しかし、日本のメディアと野党には、海賊対策の機を利用して、自衛隊の海外派遣の制限を緩和させようとしていることを懸念する受け止めもある。

 「中国国際放送局 日本語部」  2009年3月16日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第17号)[ポスト金融危機時代の日本経済]
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古