2009年3月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:18:19 Mar 17 2009

日韓両国、朝鮮に衛星発射計画の中止を求める

 朝鮮半島の核問題をめぐる6カ国協議の日韓首席代表を務める、斎木昭隆・日本外務省アジア大洋州局長と魏聖洛・韓国外交通商省朝鮮半島平和交渉本部長が16日、日本の外務省で会談し、朝鮮に衛星発射の中止を求めることで一致した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 会談後、魏氏は両国が衛星発射計画の中止を朝鮮側に求めることで一致し、発射が強行された場合、国連安保理での討議を求める方針であることを明らかにした。

 斎木氏も、衛星であれミサイルであれ、発射されれば国連決議違反との認識で両国が一致したことを明らかにし、反対を顧みず発射が強行された場合、国際社会は厳しい対応をすべきだとの考えを示した。さらに「発射が6カ国協議に影響を及ぼすことは避けられない」と表明した。

 朝鮮宇宙空間技術委員会の報道官は24日、発射するのは実験通信衛星「光明星2号」であるとの談話を発表。朝鮮中央通信も12日、すでに朝鮮が関係国際機関に衛星発射に備えた資料を通知したことを報じた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年3月17日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第17号)[ポスト金融危機時代の日本経済]
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】チベット民主改革50周年new
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古