2009年3月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:12:10 Mar 24 2009

中日関係の健全な発展には思想面の取組みも必要

 「日本新華僑報」は22日、「日本の浜田靖一防衛大臣が先日訪中し、双方は防衛当局間協議の開催のほか、政策当局間の意思疎通を強化し、国際平和維持活動、自然災害対策、海賊取締りなど両国共通の課題について意見交換することで合意した。人々は、交流の強化や共通利益の拡大により多く注目している。こうした意見は間違いなく正しいが、これは主に実務面の取組みだ。歴史的な原因から、中日両国が相手を客観的に、ありのままに認識することは、かなり容易でない。両国の戦略家が、実務面に取り組むと同時に、哲学、特に認識論を多少討議することは、こうした新たな基調の健全な発展を確保する上で、掛替えのない役割を果たす」とする記事を掲載した。

 記事の摘録は次の通り。

 日本の浜田靖一防衛大臣が3月20日に訪中し、中国の梁光烈国防部長と会談した。双方は年内に東京で防衛当局間協議を開催するとともに、これを基に政策当局間の意思疎通を強化し、国際平和維持活動、自然災害対策、海賊取締りなど両国共通の課題について意見交換すること、特にアデン湾・ソマリア沖での海賊取締り活動において、情報交換面の協力を推し進めることで合意した。

 海賊取締り活動での協力は、中日両国にとって初のことだ。これは両国の防衛交流・協力における新たな発展基調の出現を意味する。これは偶然のものではなく、中日の戦略的互恵関係の発展における要請であり、時代の要請である。筆者は早くも昨年11月23日に、「中日両国はソマリアなどの主権による主導とその尊重という国連の前提の下で、協力を強化し、共に海賊を取り締り、アジア・中東・欧州をつなぐ海洋航路の安全を確保し、世界の自由貿易体制の正常な運行を守り、ソマリアにおける正常な秩序と安定の早期回復を促し、中日両国と地域および世界各国の共通利益の保護に努めるべきだ」と書いた。

 新たな発展基調が生じた今、その健全な発展を確保するには、さまざまな要素間の協調が必要だ。人々は、交流の強化や共通利益の拡大により多く注目している。こうした意見は間違いなく正しいが、これは主に実務面の取組みだ。経済のグローバル化がほぼ全世界を激しい経済競争の中に巻き込んでいる中、人々がどんどん「実務化」するのも無理もなく、ニクソンとの会談で哲学のみを語った毛沢東のような姿勢は、ほとんど絶えようとしている。

 だが哲学を語らないのは、哲学を避けられることと同じではない。安全保障について言えば、安全保障上の戦略や戦術だけでなく、その上にさらに安全保障上の哲学があるべきだ。つまり、いかにして正しい哲学思想をもって、安全保障上の戦略や計画、および防衛交流・協力を指導し、策定するかだ。

 最近、米ハワイのイースト・ウエスト・センター、シニア・フェローのデニー・ロイ氏が「中国の台頭およびその地域の安全保障への影響」という講演を日本で行った。そこで語られたのは安全保障問題だったが、これはこの学者が持つ深い哲学的教養を反映したものだった。例えば、彼は中国の軍事力発展の目的を事実に即して判断し、「中国は大国になることを望み、また将来リーダーシップを発揮するためにひそやかに準備を進めているが、中国は平和発展路線を歩むと主張しており、世界の脅威になることはない」と指摘した。彼は中国が強大な軍事力の保有を望むのは、主に全世界における国益を守るためだと考えている。彼はまた、中米関係や日米同盟の変化を発展の観点から捉えるように求め、将来の世界秩序が中米両国により管理されることを懸念する日本人に対しては「中国が国際ルールに則って自らの責任を履行する限り、米国は中国の強大化を歓迎する。日米同盟の役割はいくらか低くなるだろうが、これは日本にとってもなんらマイナスではない」と表明した。

 歴史的な原因から、中日両国が相手を客観的に、ありのままに認識することは、かなり容易でない。また、相手への正しい認識からそれては、協力の順調な発展も難しい。したがって、中日両国の防衛交流・協力に新たな発展基調が生じた今、両国の戦略家が、実務面に取り組むと同時に、哲学、特に認識論を多少討議することは、こうした新たな基調の健全な発展を確保する上で、掛替えのない役割を果たす。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年3月24日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第18号)金融危機後の中国と日本企業の対応
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】両会の経済20キーワードnew
【特集】チベット民主改革50周年new
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古