2009年4月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:13:43 Apr 02 2009

李長春氏、日本の与野党トップと会談

 日本を公式友好訪問中の李長春・中共中央政治局常務委員は30日午後、自民党の細田博之幹事長、民主党の小沢一郎代表、共産党の志位和夫中央政治局委員長と、それぞれ東京で会談した。

 李常務委員は「両国各界の努力の下、中日関係は昨年重要な進展を得た。目下、世界金融危機が拡大を続け、国際関係に引き続き深く複雑な変化が生じている。これらを背景に、両国が担う共通の責任は一層重大なものとなり、協力の余地はさらに広がっている」と指摘。「両国関係を新たな段階へ引き上げるため、両国の政党は高い責任感をもって、5つの面で努力すべきだ」と述べ、次の5つを挙げた。

 (1)ハイレベルの頻繁な交流という基調を維持し、政府・政党・議会など各方面の意思疎通と対話を強化し、政治的相互信頼を不断に強化する。

 (2)金融危機対策で協力し、両国の共通利益をたゆまず拡大する。

 (3)中日間の4つの政治文書の原則と精神を恪守し、両国の根本的利益や国民感情に関わる重大・敏感な問題においては言行を慎む。

 (4)両国指導者間の重要な共通認識を積極的に実行に移し、青少年友好交流を重点に民間の交流を拡大する。

 (5)国際・地域問題における双方の意思疎通・協調・協力を引き続き強化し、地域および世界の平和・安定・発展を維持・促進する。

 3党のトップは李常務委員の5提案に賛意を表明し、日中関係が日本にとって最も重要な二国間関係の1つであることを強調した。また、世界金融危機の影響を克服するために中国が講じた一連の積極的な措置を高く評価した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年3月31日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古