2009年4月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:14:24 Apr 02 2009

朝鮮のメディア「日本による衛星迎撃を恐れない」

 朝鮮の中央通信は31日、間もなく打ち上げる通信衛星「光明星2号」が日本に迎撃されるのを恐れないとの論評を発表しました。

 論評では、日本が朝鮮の衛星を脅威として、それを迎撃しようとしているのは、理性を欠いた冒険行為だと述べました。その上で「日本が迎撃すれば、朝鮮はそれを再侵略戦争の砲声とみなし、最も強力な軍事的手段によってすべての迎撃手段とその牙城を粉砕する」と警告しました。

 さらに「日本は朝鮮の衛星打ち上げへの対策で、6カ国協議を破壊し、朝鮮半島非核化を長引かせ、核武装の野心を合法化する狙いがある。また、軍国主義を唱え、国内の政治危機を解消する目的がある」と指摘しました。(鵬・大澤)

 「中国国際放送局 日本語部」 2009年3月31日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古