2009年4月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:14:27 Apr 08 2009

外交部 安保理は朝鮮の発射活動に慎重に対応すべき

 外交部の姜瑜報道官は7日、定例記者会見を開き、朝鮮の発射活動について記者からの質問に答えた。

 姜報道官は「私たちは、国連安全保障理事会は、朝鮮半島および北東アジアの平和・安定の保護に役立ち、6カ国協議の進展に役立つ対応をするべきだと考える」と述べ、「ロケットとミサイル技術は共通のところがあるが、やはり違うものだ。衛星の発射は、ミサイルの発射試験や核実験とは性質が違う。宇宙の平和利用権にもかかわる問題だ。安保理は慎重に対応するべきだ。現在の情勢の中で、私たちは関連の各方面が冷静さと自制を保ち、適切に対処し、共同で地域の平和・安定という大局を守っていくことを望んでいる。中国はこのためにこれからも建設的な役割を発揮していきたい」とした。

 姜報道官はまた、「中国は一貫して、6カ国協議を引き続き進め、朝鮮半島の非核化を実現し、半島と北東アジアの平和・安定を守ることが国際社会の共同の利益に合致すると考えている。関係の各方面は大局を長い目で見据え、自制を保ち、適切に対処し、共同で半島および北東アジア地域の平和・安定を守り、6カ国協議を進めていくべきだ」と指摘した。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年4月8日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古