2009年4月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:16 Apr 16 2009

日本のF22戦闘機世界初輸入計画が頓挫の可能性

米空軍のF22Aラプター戦闘機

 米空軍のドンリー長官とシュワルツ参謀総長は13日付「ワシントン・ポスト」電子版に、ゲーツ国防長官が6日発表した戦闘機F22「ラプター」の生産中止計画を支持する論文を連名で寄稿した。アナリストは、日本の関係戦闘機輸入計画への影響を指摘する。「解放軍報」が伝えた。

 日本は今年から2年間で、60機前後のF4戦闘機を廃棄する。日本は長年来、F22を次世代主力戦闘機の最良の選択肢と見なし、世界で最初に輸入することを欲してきた。だが米国は軍事技術の漏洩を恐れ、日本の要求を拒絶し続けてきた。米国は日本と隣国との関係への影響を懸念してF22の対日輸出に前向きでなかったと見る世論もある。米国がこの最新鋭戦闘機の生産を中止した場合、日本の近年来の努力は水泡に帰す可能性がある。

 これについて航空自衛隊は「世界的な不景気を背景に、米側が輸出規制を緩和することを期待していたが、このような状況になるとは、一層残念だ」としている。一方、防衛省のシンクタンクである日本防衛研究所は「米国は軍事技術の移転において非常に慎重だ。F22は英国やオーストラリアその他の国々にも輸出されていない。日本が米国からこうした特別待遇を得ようとするのは難しい」と指摘する。

 報道によると、すでに日本はF4の後継機としてF22以外の機種の検討を始めた。候補機にはロッキード・マーティン社のF35、ボーイング社のF15FXとF/A-18E/F、仏ダッソー社のラファールなどが挙げられている。

 欧州からの輸入以外に、防衛省は2015年度までに394億円を投じてステルス戦闘機「心神」を開発することも計画している。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年4月16日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古