2009年4月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:01 Apr 17 2009

米国 朝鮮の6カ国協議復帰を「待ち望む」

 米国ホワイトハウスと国務省の報道官は15日、それぞれ談話を発表し、朝鮮が核問題解決から遠ざかるのを停止させ、6カ国協議への復帰を促すとした。新華社が伝えた。

 米ホワイトハウスのロバート・ギブス広報は、「米国と6カ国協議の参加国はみな、『朝鮮が再び協議の机に戻ることを待ち望んでいる』」と述べた。

 国務省のウッド副報道官は記者会見で、「朝鮮は核施設で監視を行っていた米国の専門家チームおよび、国際原子力機関(IAEA)の監視要員に国外退去を命じた」と述べ、このような行為は「後退の一歩だ」と非難した。また「このようなやり方は国際社会からの孤立をさらに進めるだけだ。米国は朝鮮のこの行為について、中国、韓国、日本、ロシアなど、6カ国協議の参加国と対策を協議する」とした。

 米国は07年11月以降、朝鮮・寧辺(ヨンビョン)の核施設に6人から8人の専門家を監督のため派遣していた。

 国連安保理は13日、朝鮮が5日に実験通信衛星を発射したことについて、「打ち上げ活動は安保理決議1718の違反であり、安保理はこれを『非難』する」とする議長声明を発表。朝鮮外務省はこれについて声明を発表し、議長声明の受け入れを拒否すると同時に6カ国協議から離脱し、無能力化が行われていた核施設を元通りに回復させると宣言した。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年4月16日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古