2009年4月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:37 Apr 22 2009

中国海軍の護衛艦隊、ソマリア沖で引継ぎ完了

 海賊対策のためにソマリア沖に派遣されている中国海軍護衛艦隊の引き継ぎが現地時間の15日午後3時30分(北京時間午後8時30分)、駆逐艦「武漢号」で行われた。

 海軍の配置替えにより、護衛艦隊第2陣は北京時間16日零時から第1陣とアデン湾とソマリア沖における商船の護衛任務を引き継ぎ、今後は「微山湖号」が護衛艦隊第2陣の指揮をとる。

 引き継ぎ完了後、両護衛艦隊は16日にバブ・エル・マンデブ海峡東口を出航し、最後の合同任務にあたった。計画によると、護衛艦隊第1陣は18日にアデン湾を離れ、28日には海南島の三亜に帰港する予定。

 「武漢号」、「海口号」、「微山湖号」からなる護衛艦隊第1陣は2008年12月26日に三亜を出航して以来、41回の随行護衛で166隻、それ以外の護衛で46隻あわせて212隻の商船を護衛し、海賊に襲撃された商船3隻と漁船1隻を救出した。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年4月17日

 

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古