2009年4月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:10 Apr 22 2009

中国海軍司令官、「調和ある海洋」の建設に向け5提言

 中国人民解放軍海軍創設60周年を祝う国際観艦式イベントの重要なプログラムである、国際海軍ハイレベルシンポジウム「調和ある海洋」が21日、青島で開催された。

 基調演説を行った中国人民解放軍の呉勝利司令員(中央軍事委員会委員)は「21世紀は海洋の世紀だ。海洋の調和は世界各国人民共通の価値理念、すばらしき追求だ。現在、海洋情勢は総体的に平和へ向かっているが、厳しい試練にも直面し、安全上の新たな脅威が絶えず生じている。調和ある海洋の建設には、各国海軍の参加が切り離せない。中国海軍は各国海軍と手を携えて協力し、海洋の恒久平和と安全を共同で守ることを望んでいる」と表明した。

 呉司令員は、次の5点を提言した。

 ▽国連主導を堅持し、公正で合理的な海洋を建設する。
 ▽対等な協議を堅持し、自由で秩序ある海洋を建設する。
 ▽抜本的対策と対症的対策の両立を堅持し、平和で安寧な海洋を建設する。
 ▽交流・協力を堅持し、調和ある共存の海洋を建設する。
 ▽海を敬い愛する心を堅持し、天人合一の海洋を建設する。

 シンポジウムには、このほか29カ国の海軍代表団の団長が出席し、発言を行った。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年4月22日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古