2009年6月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:35 Jun 09 2009

麻生首相が王岐山副総理と会談

 日本の麻生太郎首相は8日、中国の王岐山副総理と東京で会談した。

 王副総理は「近年来、中日関係は全体として積極的な発展基調を保ち、両国首脳は頻繁に接触し、政治的相互信頼は不断に強化され、各分野の協力は一層拡大している。中国は引き続き日本側との協力を強化し、戦略的互恵関係の不断の前進を共同で促していきたいと考えている」と述べた。

 また「中日は共に世界的に重要な経済体だ。世界金融危機の蔓延と世界景気の後退という厳しい現状の下、中日ハイレベル経済対話の第2回会合が成功裏に開催されたことは、昨年の胡錦濤国家主席の訪日による成果や両国首脳間の合意の実行をさらに進め、中日の経済貿易協力を強化し、両国経済、さらには世界経済の成長を促進する上で重要な推進作用を持つ」と表明した。

 王副総理はさらに「世界金融危機の試練に対処するため、中国政府は『成長維持、内需拡大、構造調整』の一連の政策を講じ、すでに初歩的な成果を上げている。中国には現在の困難を克服し、安定した比較的速い経済成長を維持する自信も、能力もある」と指摘した。

 麻生首相は中日ハイレベル経済対話の第2回会合の成功に祝意を表し、「現在の世界金融危機は日中両国を含む世界共通の試練だ。両国政府は共に積極的な対応策を講じている。双方が交流と協力を強化し、試練に共同で対処し、世界経済の早期回復・成長を促すことを希望する」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年6月9日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古