2009年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:40 Jun 15 2009

パキスタン軍、戦地の現在の様子映したビデオを初公開

 パキスタン安全部隊が4月以降、北西部の上ディール、下ディール、ブネール、スワートなどの地区で軍事行動を展開し、タリバン武装勢力に全面的な打撃を加えて以来、戦争地区の住民の状況は多くの関心を集めている。13日、戦地の現在の様子を撮影したビデオが初公開された。

 パキスタン軍は13日、記者らを率いて上ディール、下ディール地区に2日間にわたる実地調査を行った。上ディール地区はパキスタン軍とタリバンの主要交戦地区の一つだ。上ディール地区はあまりにも辺鄙で地形が複雑なため、これまでメディアが立ち入ることはできなかった。

 現在映っているのが戦後の上ディール地区だ。いたるところに崩れ落ちた壁が見え、店は閉まり、民家が壊され、雑然とした景色が広がっている。

 パキスタン軍の地区指揮官であるアマル・ザダ氏によると、軍は市民を安全地帯に移動させるなど、現地の市民に様々なサポートを提供した。また、現地の人々も武器を持ち、軍と共にタリバンに攻撃を加えたという。

 パキスタン政府は4月26日以降、北西部の上ディール、下ディール、ブネール、スワートなどの地区で軍事攻撃を展開し、全面的にタリバン武装勢力に打撃を加えた。これまでに1400名の武装分子が死亡している。パキスタン軍は、明らかな(特にブネール地区での)勝利を得たと表明。パキスタン軍が行動を展開してすぐにタリバン武装勢力は抵抗を放棄したが、パキスタン政府軍事行動への報復としてペシャワールなどで自爆テロ攻撃が起きている。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年6月15日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古