2009年7月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:15 Jul 07 2009

日本、朝鮮に対する金融制裁を決定

 日本政府は6日午前の閣議で、国連安保理の決議に基づき、朝鮮に対して金融制裁を実施することを決定した。

 日本のメディアによると、制裁措置の中には、送金先や振り込み人の本人確認を徹底すること、疑わしい金融取引については届け出を行うことを金融機関に要請することや、大学や研究機関に朝鮮国籍者に対し、核・ミサイル開発技術の教育を行わないよう指導することなどが盛り込まれている。日本政府は、7日にこれらの措置の公布、ならびに実施を行う。

 日本の中曽根弘文外相は、この日の午前に開かれた記者会見で、「これは日本が安保理の決議に基づき、単独で取った措置である」と述べた。

 2006年7月の朝鮮ミサイル発射実験を受けて、日本政府は、国連安保理の関連決議に基づいて、2006年9月に北朝鮮に対して金融制裁を発動した。それにより、朝鮮のミサイルおよび大量破壊兵器の開発に関係があると思われる個人・団体の日本にある口座を凍結した。さらに、今年4月、朝鮮が衛星を発射したのを受けて、日本政府は、朝鮮へ送金する際の報告義務額と持ち出し現金の届け出額を引き下げる決定をした。(翻訳:田中)

 「中国国際放送局 日本語部」 2009年7月6日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古