2009年7月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:50 Jul 08 2009

胡錦濤主席、中国・イタリア経済貿易フォーラムに出席

挨拶に立つ胡主席

 胡錦濤国家主席は6日、「中国・イタリア経済貿易フォーラムおよび企業商談会」に、ベルルスコーニ首相と共に出席した。

 挨拶に立った胡主席は「イタリアは、欧州で最も早く中国と貿易関係を持った国の1つだ。国交樹立後、両国間の貿易は急速に発展した。近年は各分野の協力が全面的に進み、実り多い成果を上げている。双方の共同努力の下、経済貿易協力は以前の貨物貿易のみから、今日では貨物貿易・サービス貿易・投資協力の全方位的な推進という体制にまで発展した。08年に両国間の貿易額は380億ドルを記録し、2010年までに400億ドルという両国間の目標にすでに近づいた。現在イタリアは中国にとってEU第5の貿易相手国、第3の技術導入国となっている」と述べた。

 また、新たな情勢の下での経済貿易協力の推進について、以下を提唱した。

 (1)経済貿易協力を原動力に、両国の包括的戦略パートナーシップを全面的に深める。
 (2)利便化を目標に、良好な貿易・投資環境を築く。
 (3)構造の改善を重点に、経済貿易協力を新たな段階へと押し上げる。
 (4)中小企業を主体に、経済貿易協力の基盤を突き固める。
 (5)理念の開放に依拠し、各形式の保護主義に反対する。

 ベルルスコーニ首相は「胡主席の今回の訪問には非常に重要な意義がある。双方は成果に富む会談を行い、友好協力の強化について幅広い合意に至った」と指摘。「企業協力を強化し、貿易・投資を拡大し、できるだけ早く世界金融危機を克服して、両国民に幸福をもたらすことを希望する」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年7月8日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古