2009年7月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:20 Jul 09 2009

発展途上5カ国首脳の全体会合が開催

 胡錦濤国家主席の代理で主要国(G8)と発展途上国との対話会合に出席する戴秉国・国務委員と、インドのシン首相、ブラジルのルラ大統領、南アフリカのズマ大統領、メキシコのカルデロン大統領は8日、イタリア・ラクイラで、発展途上5カ国首脳の全体会合を開いた。戴国務委員は、世界金融危機対策、世界経済の管理の強化、気候変動対策、非従来型の安全保障上の脅威などについて、各国首脳と意見交換した。

 戴国務委員は「経済成長の実現は各種の問題を解決する基礎であり前提だ。われわれ5カ国はいずれも発展途上の大国であり、一致団結し、手を携えて協力し、国際社会を促して発展途上国の発展に関心を持たせ、発展途上国に対する投資と援助を増加させ、後発発展途上国を筆頭とする発展途上国への世界金融危機による損害を最大限緩和させるようにしなければならない」と指摘。

 これに向けて5カ国が共同で努力すべき重点として、以下を挙げた。

 ▽経済成長における発展途上国の自主権を尊重し、発展途上国の具体的な国情を十分に考慮し、発展途上国に必要な発展政策の幅を確保するよう、国際社会を促す。
 ▽国際経済・金融・貿易システム改革を推進し、国際機関における発展途上国の代表性、発言権、決定権を強化する。
 ▽援助強化・債務減免・市場開放・技術移転に関する約束を果たし、行動に移し、世界金融・経済危機と開発への影響に関する国連のハイレベル会合での各合意を実行するよう、先進国を促す。
 ▽新たな支援策を開始し、発展途上国の金融の安定の維持と経済成長の促進を支援し、発展途上国の危機への抵抗力と経済回復力を高めるよう、国際通貨基金(IMF)・世界銀行・地域開発銀行を促す。
 (編集NA)

 「人民網日本語版」2009年7月9日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古