2009年7月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:29 Jul 10 2009

戴秉国国務委員、南アフリカ大統領と会談

 胡錦涛国家主席に代わり主要8カ国と新興国の首脳会議に出席する中国の戴秉国国務委員は8日、イタリアのラクイラで南アフリカのズマ大統領と会談した。

 戴秉国委員は、「中国と南アフリカは重要な発展途上国である。両国の戦略パートナーシップを発展させることは、両国と両国人民の利益に合致するだけではなく、中国とアフリカだけでなく、多くの発展途上国との実務的な協力の促進にもプラスとなる。当面の国際金融危機が各国の経済発展や、国民生活に重大な影響を与えている。こうした状況の下で、両国はより全面的な協力を強化し、手を携えて危機に対応し、共に発展させて行くべきだ。中国は南アフリカと共に、次のいくつかの方面から両国の全方位的な実務協力を引き続き推進させて行くつもりだ。第1に、政治的な往来を強化することだ。双方のハイレベル交流を保ち、両国関係や双方の関心を寄せる問題について意志の疎通を強化し、各自の重要な利益に関る問題で、互いに引き続き支持していく。両国の政府や執政党の協力システムを利用し、発展の上で得た経験を共有し、実務的な協力を促進していく。

 第2に、経済貿易を強化することだ。中国は南アフリカ政府の講じた国際金融危機への対応策を高く評価し、両国の協力を強化し、共に困難を克服し、国際金融危機が両国経済に与えた影響を軽減して行く。

 第3に、人文分野における交流を充実にさせることだ。中国は文化、教育、衛生、報道、学術、観光などで両国の協力を引き続き促進させて行きたい。

 第4に、多国間協力を強化させることだ。国連および主要8カ国と新興国の首脳会議などを通じて、重要な国際問題や地域問題における意志の疎通と協調を強化し、共に世界的な課題に対応し、世界経済の成長を推進し、発展途上国の共通利益を維持して行く」と述べた。

 これに対し、ズマ大統領は、「南アフリカは中国との関係発展を非常に重視し、中国政府、執政党との交流を強化し、経済貿易、特に、紡績、インフラ施設などの分野における協力を促進していくほか、人的交流を行い、国際問題での意思疎通を強化し、両国の友好協力関係を一段と強化させていく」と述べた。(翻訳:トウエンカ)

 「中国国際放送局 日本語部」 2009年7月9日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古