2009年7月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:06 Jul 10 2009

G8と発展途上国の対話会合が開催

戴国務委員と各国首脳の合同写真

 主要国(G8)と発展途上国の対話会合が9日、イタリア・ラクイラで開かれた。世界金融危機対策と世界経済の回復促進、気候変動、エネルギー安全保障、食糧安全保障、国際貿易、開発といった、現在国際社会が最も関心を寄せる問題が主要議題となった。中国からは戴秉国国務委員が胡錦濤国家主席の代理で出席し、これらの問題について中国側の原則的立場を詳しく説明した。

 戴国務委員は「現在もなお世界金融危機は拡大を続け、世界経済は衰退局面に陥っている。国際社会の共同努力によって世界経済にはいくつかのプラスの兆しが生じているが、グローバル経済の回復には、なお複雑で曲折した過程を経ることになる。われわれと参加各国の経済成長は、世界経済の回復促進にとって重要な影響を持つ。世界経済の回復促進に協力し、グローバルな試練に協力して対処することが、われわれが抱える最も重要な任務であり、共通の責任である」と指摘した。

 戴国務委員はさらに「胡錦濤主席は1年前に北海道で、国際社会が持続可能な世界経済システム、包含的で秩序ある国際金融システム、公正で合理的な国際貿易システム、公平で効果的なグローバル発展システムの構築に尽力することを提言した。世界金融危機の発生と拡大は、こうしたシステムを構築することの重要性と緊迫性をさらに裏付けた。世界金融危機はわれわれに、経済グローバル化の深いレベルでの進展という条件の下では、グローバルな協力を展開してのみ、グローバルな危機を解消できるということ、グローバル経済の管理を強化・改善してのみ、体制・構造面から世界経済の調和ある持続的な発展を促進できるということを、警告している」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年7月10日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古