2009年7月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:40 Jul 21 2009

「東京決戦」が日本の政界を揺るがす

 日本の衆議院選挙の前哨戦と見なされている東京都議会議員選挙の投票が12日に行われた。同日夜の集計では、民主党が大幅に議席を増やし、自民党は44年ぶりに第1党の地位から降りることが明らかとなった。(文:楊伯江・中国現代国際関係研究院日本研究所所長)

 与党自民党の獲得議席数は全127議席中37議席で、選挙前の48議席を大幅に下回った。最大野党の民主党は選挙前の34議席を大幅に上回る54議席を獲得し、都議会第1党となった。自民党と連立与党を組む公明党は候補者23人全員が当選したものの、与党側の議席総数は過半数の64議席に達しなかった。

 今年に入り、民主党は名古屋・埼玉・千葉市長選、そして静岡県知事選という重要な地方選ですでに4連勝している。

 今回の都議選には、間もなく行われる衆院選の風向きを定める前哨戦としての役割がある。与野党双方に不確定要素があるため、都議選後に起こりうる結果を、現段階で精確に予測することは難しい。自民党についていうと、その支持率は昨年9月以来、ジェットコースターに乗っているようなもので、2月に谷底を打つと、3月にいくらか上昇し、5月になるとまた下落した。

 民主党も、都議選には勝利したものの、衆院選も順風満帆にいくとは必ずしも限らない。第1に、最近民主党は政治献金スキャンダルをめぐって、イメージが損なわれている。第2に、民主党には政権運営経験がなく、基本的な統一された政治枠組に欠ける。現在の民主党は、数多くの小党派のメンバーが集まった、いわば寄り合い所帯だ。これらの党派の共通点は反自民だが、それ以外の政治理念においては共通認識を欠く。第3に、鳩山由紀夫代表と麻生太郎首相は、その背景が非常に似ている。ともに政治家の家系の出身で、鳩山代表の祖父の鳩山一郎と麻生首相の外祖父の吉田茂は、ともに首相経験者なのである。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年7月13日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古