2009年7月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:36 Jul 21 2009

【評論】麻生首相は陣営をまとめられるか

 麻生太郎首相・総裁の退陣を求める自民党内の「反麻生」勢力は16日午前、両院議員総会の招集を求める議員署名を、細田博之幹事長と若林正俊両院議員総会長に提出した。両院議員総会には総裁選の前倒しを決定する権限があるため、麻生首相は試練にさらされている。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 衆院選の最も重要な「前哨戦」と見なされた12日の東京都議選で、与党自民党は麻生政権と自民党に対する有権者の政治的不満により惨敗した。第1党の地位を最大野党の民主党に奪われただけでなく、連立与党の公明党が獲得した議席と合わせても、過半数に達しなかった。

 自民党内にはこれ以前から、麻生首相には総選挙で自民党を勝利に導く力はないと考え、その退陣と総選挙前の総裁選の実施を求める声があった。このため麻生首相は都議選での敗北後、衆議院を早期解散して総選挙を行い、既成事実をつくることで、政治の主導権を掌握しようと考えた。与党上層部との話し合いを経て、麻生首相は13日に、最も早くて今月21日に議会を解散し、8月30日に投票を行うという選挙日程を決めた。

 この日程は自民党内の「反麻生」勢力にとって「不意打ち」だったが、彼らもあきらめなかった。中川秀直、武部勤両元幹事長といった「反麻生」の先鋒は、選挙日程確定後も、公然と「人心一新」を主張し、麻生首相の自発的な辞任を求めた。中川氏らはさらに、党所属国会議員が出席する両院議員総会の招集を求める自民党議員の署名も集め始めた。「反麻生」勢力は両院議員総会で総裁選規程を改正して、総裁選の前倒しを実現することを望んでいる。党則は、党所属国会議員の3分の1以上の要求があれば、7日以内に両院議員総会を招集すべきだとしている。16日午前に中川氏らは両院議員総会の週内招集を求める署名を細田氏に提出した。自民党の国会議員384人中、133人が署名した。

 注目に値するのは、与謝野馨財務・金融担当大臣、石破茂農水大臣という麻生内閣の2閣僚、副大臣7人、政務官4人も署名していることだ。

 与謝野氏は16日、首相退陣要求報道を否定したが、否定できないのは、麻生体制内部ですでに不協和音が生じているということだ。麻生首相が計画通り自らの手で衆議院を解散し、総選挙を指導できるか否かは、まだ見通しがつかない。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年7月17日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古