2009年8月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:24 Aug 24 2009

新任のジョン・ハンツマン米駐中国大使、北京に到着


 7カ月の間主人が不在だった米国駐中国大使官邸はこのほど、新しい主人を迎えた。とても流暢な中国語が話せるジョン・ハンツマン(中国名:洪博培)氏(49)が、妻子と共に北京に到着した。

 ハンツマン大使は22日、家族と共に官邸で会見を行い、挨拶を述べた。米中関係については、「米中関係は30年間の歴史を重ねた。さらにまもなく新中国成立60周年を迎え、オバマ米大統領も11月中旬に中国を訪れる。今年年末には、米中関係は未だかつてないほどの高みに上り詰めるだろう」と述べた。

 ハンツマン大使はまた、「任期中の最も重要な目標は、当地域と世界経済の持続可能な成長の基礎を打ち立てるサポートをすることだ。私たちは気候変動、エネルギー、地域の安全保障、世界経済など各方面で協力を強めていく。これらの分野での協力が実現すれば、米中関係は新たなステップに入ることが出来るだろう」と述べた。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年8月24日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古