2009年9月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:15 Sep 10 2009

日本問題専門家が語る衆院選と民主党の今後

人民網を訪れる趙剛氏(真ん中)と加藤嘉一氏(左)

 中国社会科学院日本研究所の日本問題専門家・趙剛氏と、日本人留学生で時事問題コラムニストの加藤嘉一氏が3日午後、人民網を訪れ、日本の総選挙と民主党の今後について論じた。

 ■民主党政権で日本の政治は変わるか

 【趙剛】今回の民主党政権の誕生で日本の政治がある程度変わるのか、それとも形が変わっただけで中身は元のままに終わるのかは、やはり4年後の結果を見る必要がある。ただ一点、民主党が選挙前に掲げていたスローガンは「変化」だ。総選挙前、両党の最大の政治的主張が公衆の前で明らかにされた。1つは現状維持、もう1つは変化。したがって民主党は政権発足後、間違いなく変化を進めなければならない。社会制度、社会福祉保障、官僚と公務員の関係等々を変える必要がある。変化の方法も示されている。これらが今後日本をどの方向へ導いていくのか、わたしたちは刮目して待っている。

 【加藤嘉一】鳩山由紀夫氏はオバマ米大統領との10数分間にわたる電話会談で、今回の民主党の勝利について、米国民とオバマ大統領に感謝した。オバマ大統領が「チェンジ」という言葉を掲げてから、日本で大きなうねりが起き、多くの人がこの言葉を重視するようになったからだ。政治は人気、行政は業績次第。つまり指導者の魅力、人格を見なければならない。無論、鳩山氏の個性はオバマ氏ほど鮮明ではなく、より中庸、穏健、または比較的落ち着いている。「友愛政治」を提唱しているからだ。今回のこうした政権交代の雰囲気の中で、仮に自民党が変革を口にしても何の説得力もなかったろうが、民主党は新しい党として変革を打ち出した。その最も具体的なものが政権交代だ。これはわかりやすいロジックで、多くの民衆が呼応し、今回の高い投票率につながった。

 鳩山氏は30日夜の記者会見で、「3つの交代」を掲げた。1つは政権交代。2つ目は、古い政治との決別。政治の世代交代を図り、政治家の出身を多様化する。3つ目は主権の交代。つまり官僚主導型の専制と決別し、政治家主導を実現する。政治家は国民を代弁するものだから、こうした変化が含まれる。

[1] [2] [3] [4] [5]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古