2009年9月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:46 Sep 04 2009

日本問題専門家が語る衆院選と民主党の今後 (4)

 自民党は政権を奪還できるか

 【趙剛】自民党は「百年の老舗」だ。来年参議院選挙があるが、ここで自民党が挽回できれば、今回の衆院選まであった、ねじれ国会が再び出現することになる。ねじれ国会を利用して民主党を牽制すれば、民主党内でのさまざまな不一致が急速に触発され、自民党の今日の下野を招いたのと同じ情況が生じる可能性もある。これから来年の参議院選までの民主党を見て、政治スキャンダルが後を絶たなかったり、外交上の失点があったり、民衆を一層失望させるようなことがもしあれば、自民党が政権を奪還する可能性は十分にある。

 【加藤嘉一】民主党が元の自民党のように一党だけ肥大化すれば、日本政治にとっての不幸だ。日本メディアも外国メディアも、日本が健全な二大政党制へ向かえるかどうかを論じている。現時点ではまだ「制度」とは呼べない。「制度」と呼ぶには、何度か繰り返す必要がある。二大政党制が本当に実現すれば、必ず交代があり、民主党が10年、20年、30年と政権を握ることはできない。そんな情況は見たくない。互いに監督し、チェック・アンド・バランスを行うのが最も良い。それが政党政治の基本原理だ。わたしは自民党は対策を講じて党内の状態を調整し、改めて政権を奪還すると信じている。このようにして、日本国内政治は初めて改善され、発展が確保されるのだ。

[1] [2] [3] [4] [5]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古