2009年9月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:11 Sep 10 2009

日本:政権引き継ぎが中盤に 民主党は政権枠組みを構築

 民主党、社民党、国民新党は8日、3党幹事長会談を行ったが、連立政権合意について一致は見なかった。

 自民党は16日に行われる首相指名選挙での投票人選を決定、公明党も新指導部の発足を発表した。

 衆院選から8日が過ぎ、次期首相を選出する16日の特別国会までもあと8日。日本の政権引き継ぎは中盤に入り、勝者、敗者共に慌ただしい動きを見せている。

 民主党、社民党、国民新党の連立政権は現在「難産の陣痛」状態にある。民主党は衆院選で絶対多数の議席を獲得したが、参議院では半数に及ばない。安定した順調な国会運営を確保するため、民主党は社民、国民新両党との3党連立政権の樹立を望んでいる。連立政権の枠組みの順調な構築は、3党の政策合意次第だ。

 社民党と国民新党は自党が埋没することを懸念し、連立政権合意に各々の政党色のある方針・政策を明記すること、そして政策決定への関与度を高めるため与党連絡調整機関を設置することを求めている。8日の3党幹事長会談で、社民、国民新両党は、連立政権合意への「日米地位協定の見直し」、「郵政民営化の見直し」の明記をそれぞれ求め、合意にいたらなかった。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年9月9日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古