2009年9月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:02 Sep 16 2009

鳩山氏、新内閣の全閣僚人事を決定

 16日に日本の首相に就任する民主党の鳩山由紀夫代表は15日深夜、新内閣の全ての閣僚人事を決定したことを明らかにした。

 これ以前に、外務大臣に岡田克也幹事長、「国家戦略局」担当大臣兼副首相に菅直人代表代行、内閣官房長官に平野博文役員室長を起用する人事は固まっていた。

 鳩山氏は同日日中、連立政権を組む社民党の福島瑞穂党首、国民新党の亀井静香代表にそれぞれ電話し、福島氏に消費者・食品安全・少子化・男女共同参画相、亀井氏に金融・郵政問題相を打診した。同日夜には、細川内閣で大蔵大臣を務めた藤井裕久氏、羽田内閣で法務大臣を務めた中井洽氏、前原誠司・元民主党党首、赤松広隆・民主党選挙対策委員長、小沢鋭仁・国民運動委員長、川端達夫・元民主党幹事長、直島正行・参院議員、北沢俊美・参院議員、千葉景子・参院議員,仙谷由人・元政調会長、党内若手グループの論客である長妻昭氏と原口一博氏の入閣を次々に決定した。

 閣僚18人の年齢構成は、70代が3人、60代が9人、50代が4人、40代が2人。

 各閣僚の職務の詳細は、16日午後、鳩山氏が首相に選出された後に正式に発表される。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年9月16日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古