2009年9月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:00 Sep 18 2009

アジア諸国は鳩山内閣に過度に期待すべきでない

新華社世界問題研究センターの座談会で発言する卓教授

 龍谷大学の卓南生教授は北京で17日、「鳩山新内閣は外交政策の連続性を保つ。中国などアジア諸国は過度の期待を抱くべきでない」と表明した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 卓教授は、鳩山内閣は「良好な雰囲気」を醸成する外交戦略を選択すると分析する。こうすれば日本国内で「点数を稼げる」ことが、事実によって証明されているからだ。

 鳩山由紀夫首相は16日に新内閣を組閣した。閣僚17人中、15人が民主党議員だ。

 卓教授は「新内閣の構成は党内各派の勢力均衡を考慮した1つの結果であり、その目的は党内の結束維持だ。鳩山内閣には権力の二重構造という特徴が現れている。しかも来年の参議院選挙によって、小沢一郎の勢力は一層強化されるかもしれない」と指摘。さらに「菅直人副首相が担当大臣に就任する国家戦略局は、この内閣の目玉であり、多くの人々が注目しているが、これが成功するかどうかは、まだ未知数だ」と述べた。

 世論の関心が高い日米関係については、卓教授も日米同盟の基軸に変化はないと指摘。「たとえ日本が真に『脱米』したとしても、それは直ちに『親アジア』とイコールではなく、日本がどのような態度でアジアに姿を現わすかが鍵となる」と分析する。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年9月18日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古