2009年10月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:34 Oct 16 2009

中国外交 国内政治の発展が外交テーマを決定(上)

 前半30年のテーマは「戦争と革命」

 中国外交の60年を見ると、明らかに大きな2つの段階とテーマに分かれる。前半の30年のテーマは「戦争と革命」で、後の30年は「平和と発展」だ。

 最初の30年の「戦争と革命」は、毛沢東指導下の中国が戦争を希望し、中国外交が過激な革命を主張していたことを意味するわけではない。実際、新中国は経済を発展させるために切実に平和な環境を必要としていた。それに1840年のアヘン戦争以降、110年も続いた動乱期に比べれば、この30年はほぼ平和で安定し、発展的である。しかしこの時代は戦争の暗雲がずっと中国の上空を取り巻き、中国の指導者が戦争は避けられないとの論断を堅持したのも否定できない事実である。

 毛沢東氏は1970年代に世界大戦の可能性に論及した時「二つの可能性にほかならない。一つは戦争で革命を起こすことで、もう一つは革命で戦争を阻止すること」だと語っている。1950年からは朝鮮半島や台湾海峡、インド、ベトナム、中ソ国境での敵対軍事闘争が続いていた。

 そして60年代に始まった「三線建設」、70年代の「深く地下壕を掘り、多く糧食を貯え、覇を唱えない」という呼びかけは、いずれも「早い攻撃、大規模な攻撃、核戦争で攻められる」ための準備だった。※「三線建設」とは、外敵に立ち向かうために毛沢東が打ち出した戦略構想で、全国を前線地帯、中間地帯、戦略後方地帯に分け、それぞれ一線、二線、三線と称した。「三線」とは、四川、貴州、雲南、陝西、青海、甘粛、山西の全域、広東北部、湖南北部、湖北西部、河南西部、河北西部の中国の奥地や西部の広大な山間部を指す。「三線建設」は1965年から始まり、1970年代末まで続いた。

 「革命」という言葉は、最初の30年間の外交戦略をほぼ総括することができる。「全世界の抑圧されている民族や、抑圧されている民族の革命闘争を支持する」というのは、その時代の外交政策の基調であり、77年に開かれた中国共産党第10期中央第3回全体会議のコミュニケの中でも「プロレタリア階級の国際主義原則を必ず堅持し、毛主席の革命外交路線と政策をあくまでも実施する」と声明を出している。

 70年代中期に一部の東南アジアの国が当地の共産党革命への中国の支持はいらないと要求すると、毛沢東は度々「我々は革命を支持し、革命を起こす人民を支持する。もし共産党が世界の人民の革命を支持しないのであれば、共産党とはいえない」と語っている。

 後半30年のテーマは「平和と発展」

 後の30年の外交テーマが「平和と発展」であることについては、何の議論の余地もないだろう。「平和と発展」は前半の30年間の外交思想を全面的に否定するのではなく、新しい時期における国内の中心的な課題に立脚点を置き、国際戦略の思想として確立したもので、一つの期待であり公示である。

 中国共産党の成立後、それぞれの「時代」や世界構造、国際情勢、戦争の可能性についての全体的な判断は、党の中心課題を確定する前提と見なされてきた。事実この60年の中国政治の歴史を回顧すれば、国際情勢に対する判断が国内の中心課題を決定したというより、国内の中心課題の再確定が国際情勢への全体的な判断を確定したと言えるだろう。

 例えば第11期中央第3回全体会議後の国内活動の重心は経済に移り、戦争の危険に対する見通しは大いに下がったが、実際的にも客観的にも82年が77年に比べて中国が直面した国際環境に大きな変化があったとは言えない。

 78年にはベトナムがカンボジアに侵入。79年にはソ連がアフガンに侵入し国際環境は悪化して戦争の危険は増した。しかし中国の指導者は、戦争は回避できるという判断を82年に下している。

 また別の視点から見れば、内政は外交の延長でもある。毛沢東氏が70年代に思い切って中米関係の打開を決めた時、中米関係の変化が一連の国内政治や人びとの思想、観念に変化をもたらすとは毛沢東氏さえも予想できなかっただろう。もしこの毛沢東氏の外交戦略がなければ、中国の改革開放がいつから始まったかは想像もつかない。

 「チャイナネット」2009年10月13日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古