2009年10月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:46 Oct 29 2009

鳩山首相の「無血の平成維新」


 日本の新首相・鳩山由紀夫氏が26日に初めての所信表明方針演説を行った。鳩山首相は第2時世界大戦後最大規模の「戦後行政の大掃除」を行い、官僚体制を一掃することを強調した。変革の目標を「政治を官僚依存から国民の手に戻し、中央集権から地方主権に、島国から開放的な海洋国家へ」転換することとし、「無血の平成維新」と名付けた。平成とは現在の天皇の年号だ。日本国内外の各界もこれを大きく注視している。

 今回の鳩山首相の所信表明演説は52分で、麻生前首相の演説の2倍の長さに達し、一般的で分かりやすい言葉で述べられている。所信表明では3つのポイントが述べられている。第1が行政の大掃除だ。鳩山首相は「友愛」「寛容」といった政治理念を提唱しているが、官僚に依存した日本の現行の体制を打ち破るために「戦後行政の大掃除」を毅然と実施すると表明している。第2が経済面での「人間のための経済」で、不振の続く日本経済の立て直しを重要な任務としている。内需を中心に民生を重視することを約束し、高校教育の無償化や公正で透明な年金制度の構築を訴えている。鳩山首相は市場が全てを決定し、国民の生計を犠牲にし、強者の生存のために効率を追及してはならないと述べている。第3は「架け橋」としての任務で、日本が東と西をつなぐ架け橋になるとし、「緊密で対等な日米同盟」を提唱すると同時に「東アジア共同体」の推進にも力を入れるとしている。(編集YH)

 「人民網日本語版」2009年10月29日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古